ホントのホンネ。

人生思い通りにならない。けどちょっとだけ上を目指すオナゴの日常。

所詮 落ちこぼれ

製造業に働いて26年、本日7月からの人事異動が告げられた。

徒歩で通勤出来るからといって選んだ会社なのに、遠い場所へ移動となった。

 

今度行く職場の事をバカにするわけじゃないけど、そこは定年退職を過ぎた人達が

パートで働く場所で若い人はいなく、単純仕事がずーっと延々続く仕事らしい。

やっぱりアタシは仕事が出来ないしお荷物だからろうか…と考えて泣いてしまう。

今日は帰ってからこの事をオカンに告げ、久々に子供の様に泣きじゃくった。

 

昔から手が遅いので迷惑をかけるから、せめて真面目に一生懸命やろうとやってきた。

汚くて誰もやらない仕事も、ジブンに出来る事はこれぐらいだからと言って

頑張ってきた。その時目にシンナーが入って痛い思いをしても、上司に怒られると

思い言わずに我慢した事もあった。

上司に明らかなイジメをされても、グッと我慢してきた。

毎日毎日「今日は●●にイジメられませんように」とコッソリ毎日神棚にお願いして

出勤した事もあった。

 

「真面目にやっていると、ちゃんと偉い人が見てくれてるよ」

 

そんなオカンの言葉を信じていたが、偉い人はアタシの名前すら憶えてくれない。

最近はせめてPCだけでも頑張ってスキルを高めようと、個人的にビデオPC教室に

通って頑張ってきた。

こんな事は思いたくないけど、上司は外見で人を選んでるんじゃないか?と被害妄想

的な事まで考えてしまう。

 

「所詮、落ちこぼれは頑張っても落ちこぼれなんだな」

 

とこんな事を思っている。

 

考えてみればずーっと光の当たらない人生を歩んでいる。

これからもずーっと光の当たらない人生を歩んでいくんだろうか。

ずーっと誰かが主役の人生のブサイク顔の脇役を演じるんだろうか。

 

この会社に入って良かったと、1回も思ったことない。

つい最近も久々に出た飲み会で写真を撮ったので、後で見返したら

見事にアタシが写ってないという仕打ちを受けた。

 

この仕事を続くいく自信が今のアタシにはない。

でもとりあえず何かの役には立つだろうから、PCの勉強だけはしようと

思う。